結婚詐欺の相談先・立証方法

結婚詐欺かもと思ったときの相談先・警察や弁護士に相談する際に必要な証拠は

投稿日:

「結婚詐欺師に騙されたかも・・・と不安に思ったとき、どこに相談すればいいの?」

「結婚詐欺にあったら警察に被害届を出せば逮捕してもらえる?」

今まで信じていた人が結婚詐欺師かも・・・と不安に感じるような出来事があっても、相手を信じたいという気持ちも強く、冷静な判断は難しいと思います。

そんなとき、客観的な視点から判断してもらえるプロに相談できると心強いですよね。

今回は「結婚詐欺かも」と不安に感じたときの相談先や相談する際に必要な証拠などについて説明したいと思います。

結婚詐欺かもと疑う女性

結婚詐欺かもと思ったときの相談先

警察に被害届を提出

「結婚詐欺師かも」と思ったとき、相談先として最初に思い浮かぶのは警察ではないでしょうか?

しかし、警察に被害届を提出しても、確固たる証拠がないとなかなか動いてもらえません。

2016年7月13日に放送された「悪者は絶対許さない!実録!犯罪列島2016~婚活サギ師を追い詰めろ!怒りの直接対決SP」に登場した50代の女性も例外ではありません。

結婚詐欺師に300万円を渡してしまった後に計画的な詐欺であることに気づいて警察に相談したところ、嘘をついた証拠がなければ動けないと言われてしまったそうです。

そこで、彼女は結婚や金銭の要求の言葉を何一つ残していない結婚詐欺師の狡猾さに初めて気づいたそうです。

参考記事:【結婚詐欺の実話】婚活パーティーで出会った理想の男性は結婚詐欺師だった!

弁護士に相談

結婚詐欺の被害に遭ったかも・・・と思ったときに、弁護士に相談して相手を訴えようと思われる方もいらっしゃると思います。

しかし、結婚詐欺の立証は非常に難しいと言われています。

結婚詐欺を立証するためには最初から相手に騙す気があったことを証明しなければならないのですが、相手に「最初は結婚するつもりだった」と言われてしまった場合、立証は極めて困難になるからです。

また立証できたとしても、相手に支払能力がない場合、騙し取られたお金の回収は不可能です。

弁護士に依頼する場合、着手金や報酬金など、それなりの費用がかかります。

回収できる金額よりも弁護士費用の方が高くつく”費用倒れ”になる可能性も高いため、断られるケースも多いようです。

『弁護士ドットコム』では「みんなの法律相談」という日本最大級の法律相談Q&Aサービスで無料で法律相談をしたり、複数の弁護士に対して弁護士費用の一括見積りをしたりすることも可能です。

『弁護士ドットコム』について詳しく知りたい方は公式サイトをチェックしてみてください。

チェック⇒『弁護士ドットコム』公式サイトはこちら

「実録!犯罪列島」公式サイトに情報提供

結婚詐欺師に多額のお金を貸してしまい、どうしても取り戻したいという場合、TBSテレビ「悪者は絶対許さない!実録!犯罪列島」番組公式サイトに情報提供をするという方法もあります。

番組公式サイトには以下のように記載されていました。

例えば、「付き合っている相手に騙されているかもしれない、信じたい気持ちもあるが確認したい…」といった不確定の状況や、「今まさに被害に遭っている」という現在進行形の案件も受け付けます。

引用元:「悪者は絶対許さない!実録!犯罪列島」番組公式サイト

警察から「証拠がないと動けない」と言われた50代の女性も、この番組に情報提供したことをきっかけに、3年間連絡が取れなかった詐欺師を徹底的に追い込み、最後は騙し取られた300万円の返済を約束する公的な書類の作成に成功していました。

参考記事:【結婚詐欺の実話】婚活パーティーで出会った理想の男性は結婚詐欺師だった!

ただし、情報提供した全ての方が採用されるわけではなく、取材着手の可能性がある場合のみ番組担当者から連絡があるというシステムです。

また、番組に出演することも条件となります。

個人が特定できないように顔にモザイクがかかり声も加工されますが、過去の番組を見た限り、知り合いが見ていたら気づかれてしまう可能性もあるかなという印象を受けました。

大手探偵事務所に相談

お金がかかってもいいから、誰にも知られずに、かつ確実に結婚詐欺師を追い詰めて返済の約束をさせたいという方もいらっしゃると思います。

そのような場合、過去何年にも渡って「悪者は絶対許さない!実録!犯罪列島」の調査協力を担当している原一探偵事務所に相談してみてもよいかもしれません。

原一探偵事務所は40年以上の歴史と業界トップクラスの実力を持つ大手探偵事務所で、番組の依頼を受けて、立証が困難な結婚詐欺事件の調査でも数々の成功実績をあげています。

先程ご紹介した50代の女性が300万円を騙し取られた結婚詐欺師は頭脳派で徹底的に証拠を残さないようにしていたため、詐欺罪立証が非常に難しいケースでした。

しかし、原一探偵事務所の調査員は詐欺罪立証に必要な証拠を全て集め、結婚詐欺師に証拠を突きつけて詐欺を認めさせました。

最終的に、200万円を工面して残りは分割で返済すること、守らなければ詐欺罪で訴えることとを公的文書に残すことに成功しています。

原一探偵事務所では結婚前に相手の素性を調査する結婚調査も行っています。

経験豊富な相談員による相談は完全無料で、一人ひとりの状況を丁寧にヒアリングして見積りを作成した後、依頼者が納得して依頼するまでは料金が一切発生しないという良心的なシステムです。

結婚を前提にお付き合いしている相手が本当に信頼できる人物なのか確認したいという方は一度相談してみてはいかがでしょうか。

原一探偵事務所の結婚調査について詳しく知りたい方は公式サイトをチェックしてみてください。

チェック⇒原一探偵事務所公式サイト・結婚調査について

結婚詐欺の相談をする際に必要な証拠

結婚詐欺の相談をする際は「結婚詐欺かも」と疑われた理由をしっかり説明する必要があります。

警察や弁護士事務所では、証拠の提出を求められる場合も多いです。

お金を貸した場合は借用書が残っているのが一番理想的です。

しかし、詐欺師の多くは借用書などの具体的な証拠を残さないよう注意しながら行動しているので、証拠を探すのが非常に難しいのです。

結婚する意志がないのに結婚を前提に付き合っているフリをしたことを証明するためには、相手が既婚者であったり、付き合う前から他の人と交際していたり、住所や氏名を詐称していたりなどの事実も証拠となります。

このような証拠を自分で集めることができない場合、やはり法的な証拠能力が高い証拠を集めることができる大手の探偵事務所に依頼するのが一番確実だと思います。

先程の結婚詐欺師の事例で、原一探偵事務所は、女性に事業が失敗したと話した工場の実態がないこと、仕事をしている実態がないこと、現在同居している女性がいること、東京大学卒業も嘘だったことを全て突き止めています。

まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今回は「結婚詐欺かも」と不安に感じたときの相談先や相談する際に必要な証拠などについて説明しました。

結婚詐欺は多額のお金を奪うだけではなく、相手の心に深い傷を残す悪質な犯罪です。

証拠が残りづらく訴えられるケースが少ないため、結婚願望を持つ人をターゲットとして何度も同じ手口で詐欺を繰り返す悪徳詐欺師も多いようです。

被害者はショックを受けて泣き寝入りしてしまうケースも多いようですが、ショックから立ち直って前向きに幸せを掴むためにも、勇気を持って相談してみることは大切なことかもしれません。

-結婚詐欺の相談先・立証方法

Copyright© 結婚詐欺師の手口と実話集 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.