結婚詐欺師の手口や特徴

男性の結婚詐欺師の手口・女性を騙す巧妙なテクニックを徹底解析!

更新日:

「男性の結婚詐欺師って、どんな手口で女性からお金を騙し取っているの?」と疑問に思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

最近は婚活ブームの影響もあり、結婚願望のある女性をターゲットとした男性の結婚詐欺師が増えているようです。

「結婚して幸せになりたい」という女性の純粋な気持ちを利用して金銭を奪いとるなんて許せないですよね。

今回は男性の結婚詐欺師の手口や巧妙なテクニックについて解説していきます。

男性結婚詐欺師の手口-イメージ

男性の結婚詐欺師の手口の共通点

男性の結婚詐欺師は、若いイケメンから一見普通のおじさんなど、外見上はさまざまなタイプがいます。

相手を騙す手口も人それぞれ異なりますが、相手の女性の結婚願望や恋愛感情を利用して金銭を騙し取るという点は共通していて、その手口にも共通点は多いです。

男性の結婚詐欺師が使う手口の基本的な流れはこちらです。

  1. 婚活中の女性をターゲットとする
  2. 金持ちであることをさりげなくアピール
  3. 「ずっと一緒にいたい」などと結婚をほのめかす
  4. お金に困っていることを相談
  5. お金を借りた後は態度が豹変したり連絡が途絶えがちになる

大雑把に言うとこのような流れで、相手の女性から金銭を騙し取るのが基本的なパターンです。

一つひとつの手口の詳細を具体的に説明していきますね。

1.婚活中の女性をターゲットとする

男性の結婚詐欺師が出没するのはネット上の出会い系サイトや婚活パーティーです。

最近は、結婚相談所や大手企業が主催する婚活パーティーでは、結婚詐欺師や既婚者を排除するために独身証明書の提出を求めるケースも増えてきましたが、提出が不要なサイトやパーティーもあります。

独身証明書の提出が不要な出会い系サイトや婚活パーティーは、婚活中の女性を狙った男性の結婚詐欺師にとっては穴場的な存在だと言えるかもしれません。

2.金持ちであることをさりげなくアピール

ターゲットの女性が決まった後は、その女性に対して、自分がある程度金持ちであり結婚相手として理想的な条件の人物だということをさりげなくアピールしてきます。

婚活中の女性に「この人と結婚したら将来安泰かも」という期待を持たせることが目的です。

婚活サイトなどの自己PR欄で「東大卒」などという高学歴をPRしていたり、会社社長という名刺を渡されたりなど、アピール方法はさまざまですが、これ見よがしに自慢することはほとんどありません。

あくまでもさりげなくというのが好感度アップのポイントであることを結婚詐欺師は心得ているのです。

3.「ずっと一緒にいよう」などと結婚をほのめかす

ターゲットの女性を信用させて交際がスタートすると、わりと早い段階から「ずっと一緒にいよう」「愛しているよ」「幸せにするよ」などという言葉を口にします。

相手の女性から責められないように「結婚」という言葉を使わないことを徹底している詐欺師もいるようです。

この段階で大切なのは女性の恋愛感情や自分との結婚願望を最大限に高めて、その後に騙しやすい状況を作ること。

そのために旅行に連れていったり、女性の親に挨拶に行ったりする詐欺師もいます。

この段階が成功すると、ターゲットにされた女性は

「私の運命の人はこの人だったのかも」

「この人なら私を幸せにしてくれるに違いない」

と思いこむことになります。

4.お金に困っていることを相談

ターゲットにされた女性が自分との結婚を待ち望む状態を作ることができれば、詐欺はほとんど成功したも同然。

あとは、仕事上のトラブルや親の病気などでお金に困っていることを理由に相手の同情を誘ってお金を騙し取るだけです。

この段階では、ターゲットの女性に、自分がなんらかの事情でお金に困っていることを相談します。

このときに使われる理由としての定番は仕事上のトラブルと親の病気です。

ここでポイントとなるのが、「お金を貸してほしい」と自分から言わないこと。

相手の同情心を利用して、自分から「私がお金をなんとか工面する!」と言わせることで、借用書などの証拠を残さないことが結婚詐欺師の巧妙なテクニックです。

「大金を用意しないと会社が倒産する、もう死にたい」「君しか頼れる人がいないんだ」などと泣きつくケースもあります。

5.借金した後は態度が豹変

女性の同情心を利用してお金を借りた後は、態度が豹変して、連絡も途絶えがちになります。

結婚詐欺師としては、女性側に「別れたい」と思わせた方が都合がよいため、暴言を吐いたり暴力を振るったりするなどわざと嫌われる行為をする場合もあります。

また、お金を借りる前は毎日のようにあった連絡も途絶えがちになります。

いきなり電話番号を変えるなどという行為をすると結婚詐欺だとバレてしまうので、徐々に会う頻度を減らしていくというテクニックが使われるケースも多いです。

そのため、ターゲットにされた女性は結婚詐欺の被害に遭ったことに気づかないケースもあります。

大雑把に言うと婚活詐欺の流れはこんな感じかもしれません。

結婚詐欺だと気づかせないテクニック

結婚詐欺に騙された人の話を聞いて、「こんな詐欺に引っかかるなんて、騙される方もバカなんじゃないの?」思われる方もいらっしゃるかと思います。

しかし、結婚詐欺師は詐欺だと気づかれないように巧妙なテクニックを駆使しますし、お金を借りるまでは順調に結婚を前提としてお付き合いしているように見せかけます。

「悪者は絶対許さない!実録!犯罪列島2016~婚活サギ師を追い詰めろ!怒りの直接対決SP」に登場した結婚詐欺師は、婚前旅行かと思われるような旅行に連れていき、彼女の母親に挨拶までしています。

参考記事:【結婚詐欺の実話】『実録!犯罪列島2016』婚活パーティーで出会った理想の男性は結婚詐欺師だった!

「え?ここまでするの?」と思ってしまいますが、結婚を前提に付き合っている未来の旦那様として信用されるために必要だったのかもしれませんね。

まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今回は男性の結婚詐欺師の手口や巧妙なテクニックについて解説しました。

オレオレ詐欺、投資詐欺など、世間には他にも許せない詐欺事件がありますが、結婚詐欺は相手の純粋な気持ちを踏みにじり深く傷つけるという点では最悪の詐欺だと思います。

「結婚して幸せになりたい」という純粋な気持ちを悪用する結婚詐欺が世の中から撲滅されることを心から祈っています。

結婚詐欺師の手口と実話集トップ

-結婚詐欺師の手口や特徴

Copyright© 結婚詐欺師の手口と実話集 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.